株式会社メカニカルデザイン[東京都調布市]

業務案内

セミナー開催 (募集案内)

募集案内  お申込み  開催報告 セミナー開催に戻る

I036 Mech D&Aセミナー 「はじめての非線形・汎用FEM解析」

概要

はじめて非線形・汎用FEMを使用する方、また改めて基礎を習得したい皆様を対象として、基本的な非線形例題を用いた解析の技術を学んでいただく講習会です。汎用FEMには、Abaqusを使用します。

昨今のGUIの発達により、非線形構造解析への取り組みは容易になってきています。しかしAbaqusをはじめとする、高度なソルバーが対象とする本来の非線形問題は、初学者の参入を容易には許しません。

例えば破壊や損傷など、高度な解析課題のなかには、プリポストプロセッサーによる入力が許されていない項目が複数あります。それを設定するとき、テキストファイルやマニュアルの構成を理解していなければ、手の施しようのない状況に簡単に陥ります。

また結果の解釈にあたって、ポストプロセッサーの出力は、FEMの結果そのものではなく、二次加工品であることにも十分な注意が必要です。シェル要素の入出力、ひずみや応力値の加工など、単に厳密さを要求するだけではなく、安定な収束を確保するためにも、十分な配慮がなければなりません。

シミュレーションのエキスパートをめざす皆様を対象に、その入り口となるセミナーを開催致します。ご参加をお待ち致します。

日程・会場

1.東京 日程:2018年5月29日(火)10:00~17:00・2018年5月30日(水)10:00~17:00
会場:関東ITソフトウェア健康保険組合・市ヶ谷健保会館会議室
(都営新宿線「曙橋駅」下車徒歩8分)

参加コース/費用

¥86,400(税込み)

定員

1.東京30名
※ 同業者の方の参加はお断りしております。

進め方

Abaqusの入力データ(テキストファイル)を題材に、プリポストプロセッサーとの関わり、マニュアルの使い方、データの作成と実行、解析結果の解釈について解説します。
  • Abaqus、ないしAbaqus/Student の実行可能なPCをお持ちの方はご持参ください。
  • 演習の例題は電子ファイルで提供します。

内容

Lecture1 Abaqus/CAEによる単軸引張解析

・ プリポストプロセッサーの利用
・ FEMソルバーの実行
・ 解析結果の表示

Lecture2 Abaqus/CAEからテキスト入力へ

・入力ファイルの構成とマニュアル
・入力ファイルの実行
・作成される各種ファイルの見方、確認方法

Lecture3 解析のテクニック

・要素、節点データの外置きについて
・入力ファイルの整理、合理化
・MPCの利用ほか

Lecture4 必要な知識

・ 単位系
・ ヤング率、ポアソン比の定義
・ 変位と荷重、応力とひずみの入出力
・ 連続体(ソリッド)要素と構造要素
・ 2次元 平面ひずみ、平面応力、軸対称
・ 対称条件
・ 陰解法と陽解法
・ 線形と非線形

演習1 (線形・静解析)

1-1.たわみ解析(平面応力、シェル、はり要素)
1-2.熱応力解析
1-3.熱伝導解析
1-4.熱-応力連成解析
1-5.座屈固有値解析(オイラー座屈、アーチの外圧座屈)

演習2 (線形・動解析)

2-1.固有値解析(はり、板)
2-2.周波数応答解析

演習3 (非線形・静解析)

3-1.弾塑性、単軸引張解析
3-2.弾塑性、単軸引張解析(陽解法)
3-3.接触解析
3-4.後座屈解析(オイラー座屈、アーチの外圧座屈)

演習4 動解析(陰解法)

4-1.平板への落球解析

演習5 動解析(陽解法)

5-1.平板への落球解析
皆様の御参加をお待ち申し上げます。
なお内容は予告なく変更になる場合があります。

お問合せ

文書課 河野文子、五百部(イホベ)
メール:comm@mech-da.co.jp
TEL:042-482-1539  FAX:042-482-5106

お申込み

お申し込みは終了いたしました

ホーム会社概要業務案内リンクお問い合わせサイトマップ